<

会社概要

トップ > 会社概要

会社方針

我々は、「会社に携わるすべての人々が幸せである為に各々が責任ある一員となる」を「会社の理念」として掲げ、金属リサイク
ル事業を営む企業として、地球環境への負荷低減に努め、青い空、青い海、山の緑、清らかな河川、のどかな田園風景を次世代に
継承することを「会社の使命」とします。 この理念を当社のすべての事業活動に反映させるための指針として、次の通り「会社
方針」を定めます。

1.維持改善
お客様、行政、地域住民、社員、協力会社を含む利害関係者(以下、「利害関係者」という)のニーズ・期待、および利害関係者
に関わるリスクや改善の機会を適時・的確に把握します。そして、当社の統合マネジメントシステム(以下、「ICS」という)
に基づき、品質、環境、労働安全衛生の確保と維持改善に努めます。

2.計画実行
「全社の目的・目標」を定め、全社員がICSを実践するために、品質、環境、労働安全衛生、法令等順守の視点で計画し、実行
します。

3.社内外コミュニケーション
上述「1.維持改善」を実現する手段のひとつとして、利害関係者と社内外のコミュニケーションを積極的に推進します。
「三方よし」の理念の下、@『「伝える」でなく「伝わる」』とA『見える化』を実践します。

4.教育訓練
全社員が、本会社方針の内容を理解してICSを実践するため、計画的・継続的に教育訓練を行います。

5.有効性評価
ICSの活動成果を定期的に振り返り、ICS全体のパフォーマンスの有効性を見直します。
そして、継続的な改善を図ります。

6.公表
本会社方針を社内に掲示して、全社員に周知します。 加えて、利害関係者を含む一般の方にも公表します。

                                                平成30年 2月 7日
                                                  巖本金属株式会社
                                                代表取締役 巖本 博

会社概要

商 号 巖本金属株式会社
代表者 代表取締役社長 巖本 博
本 社 京都市南区上鳥羽鉾立町1番地
TEL.075-672-3688  FAX.075-672-9155
設 立 昭和45年4月
資本金 38,000,000円
従業員数 300名
事業内容 製鋼原料加工業、金属原料リサイクル製品の製造
仕入品目構成比 ▼
1.市中スクラップ 40% (廃自動車・消費材)
2.建物解体屑 40%
3.工場発生屑 20%
納入先 岸和田製鋼(株)、共英製鋼(株)枚方、大阪製鐵(株)、合同製鐵(株)、(株)クボタ、新関西製鉄(株)、(株)中山製鋼所、中山鋼業(株)、日鉄住金スチール(株)、山陽特殊製鋼(株)、JFE条鋼(株)、ヤマトスチール(株)、(株)神戸製鋼所、JFEスチール(株)、共英製鋼(株)名古屋、大同特殊鋼(株)、愛知製鋼(株)、山口鋼業(株)、トピー工業(株)、中部鋼鈑(株)、新日鐵住金(株)
取引商社 エムエム建材(株)、日鉄住金物産(株)、豊通マテリアル(株)、丸紅テツゲン(株)、阪和興業(株)、トピー実業(株)、伊藤忠丸紅テクノスチール(株)、神鋼商事(株)、共栄(株)、住商鉄鋼販売(株)
取引銀行 三井住友銀行、京都中央信用金庫、三菱東京UFJ銀行、滋賀銀行、みずほ銀行、りそな銀行

沿革

2016年 9月
8月
5月
エコセンター開設
名古屋オフィス開設
IKエンジニアリング設立
2014年 5月
3月
1月
IKエンタテイメント設立
黒田商会株式会社をM&A
東京オフィス開設
2013年 12月
4月
I CORE'S(海外事業部)設立
大阪工場開設
2010年 1月 長浜工場開設
2005年 5月 福井工場大型ギロチンヤード新設
2004年 2月
4月
久御山工場大型ギロチンヤード新設
三重工場移転、現 三重工場開設
2002年 7月 福井工場開設
2000年 4月 久御山工場開設
1995年 12月 栗東工場移転、現 栗東工場開設
1994年 4月 三重工場開設
1991年 3月 愛知川工場大型シュレッダープラント新設
1990年 7月
11月
栗東工場大型ギロチンヤード新設
岐阜工場開設
1987年 8月 水口工場(滋賀県)を開設
1984年 10月 愛知川工場(滋賀県)を開設
1982年 1月
6月
栗東工場大型シュレッダープラント新設
京都工場大型ギロチンヤード新設
1974年 3月 栗東工場(滋賀県)を開設
1970年 4月 巖本金属株式会社設立
1966年 9月 現 京都工場開設
1957年 - 鉄屑集荷業、巖本商店を創業

▲ページトップに戻る